スポンテニアスファッションの真髄とは?トレンドアイテムのコーデ 

今季のファッショントレンドのテーマがこれまでのノームコアから「タッキー」「スポンテニアス」へと変化してきているみたいですが、特にビッグトレンドキーワードとして注目されているスポンテニアスとは何なのか?ファッションに採り入れるのはどんなアイテムなのか?

Sponsored Link

スポンテニアスとはどんなスタイル??

スポンテニアス ファッション

2016年春夏のコレクション以降から、それまでの決まったシンプルなベーシックスタイルなノームコアの流れから一転して、春夏ファッショントレンドは奇抜で下品だけどカワイイ「タッキー」、秋冬はタッキーから下品さを抜いたようなカッコいい「スポンテニアス(spontaneous)などの奇抜さが印象的なファッションが、テーマに掲げられて注目されています。このスポンテニアスは、「自発的」と意味する言葉で、自分なりの解釈で自由に着こなすスタイルみたいですね。

って、いわれても、なかなかピンときませんよね??それでは具体的には、一体どのようなモノがあるのでしょうか?

スポンテニアスな雰囲気のシルエットとカテゴリー

スポンテニアス ファッション

・袖の部分がビッグシルエットになっていたり、着丈の長いスウェットやパーカー

・前後が逆のトップスや着丈の長いニット

・何通りでも着られるようなファッションアイテム

などなど、が現在のところ、全体的にこんな感じのアイテムがスポンテニアスファッションとの相性が良いとされていますが、スポンテニアスの最大の特徴は、デザイナーが色々な仕掛けを施したファッションアイテムを、自分自身の自由な捉え方で着こなすという事らしいので、個人的には、逆になかなか難しいテーマだなあと思ってしまうのですが、外人さんや日本のストリートスナップ等を拝見していると、何となくですが、雰囲気を感じることができました

着丈の短いジャケットの下にワンピースのように見える長いニットや、ロングでビッグなシルエット同士の組み合わせ、自分好みのシルエットや色、愛着のあるアイテムや新しく気に入ったアイテム等を、自分の好きな着方で自由に作っていくスタイルということなんですよねきっと

ありそうでなかった常識に捕らわれないテーマ

スポンテニアス ファッション

勿論、スポンテニアス用にファッションブランドは商品を作って、ある程度の流れを作っていくのだと思いますが、メンズ、レディース、ジャンル、スタイル、年齢、人種、考え方など関係なく、その人自身の感性がストレートに出せるスタイルなわけですね

Sponsored Link

大きく見れば、ひと昔前までは、割と常識的な考え方を土台に、暗黙のルールに沿って、色々なファッションが存在していた感じがありましたが、見た目で着る人を判断してきた表面的なファッションから、その人のマインドや考え方、ライフスタイルそのものが、ファッションとしての価値に変わっきているんでしょうね。

スポンテニアス ファッションスポンテニアス ファッションスポンテニアス ファッション

そんなテーマの真髄が、理解することができれば、周りの意見に囚われずに、自分の気分で自由なコーディネートが楽しむことができますね何でもいいのですが、例えばですけど、ビジネススーツにスカジャンとか、作業服の上にジャケットなんかのコーデも見かけるかもしれませんよねww

ということは、生き方や考え方、精神的な姿勢をカッコよくしないと、どんなに表面的に良いモノを身に着けていても、カッコいいファッションではないという事なんですね

例えば、ノームコアのような流れの中では、作り手の想いが込められた品質や歴史、伝統等を追求すれば良いものにはそれだけ値段が高いとかがあり、あくまでも良いものに対してお金を掛けられる人種がその中心に存在するような流行でした。

しかし、このテーマに関して、個人的にファッションに対してどんな捉え方をしても良いと言っているんですよね。値段やブランドネームに関係なく、あくまでも選ぶ人が100%主役であって、自分の信念や思想、価値観などを等身大で発揮する事が出来る素晴らしいテーマだと思います。それでも業界のビジネス的な戦略が作用してくるでしょうし、一般的な流れが発生するのは間違いないでしょうけどね。そんな流行りに身を置いてみるだけでも価値が生み出されてしまう時代で、本当に大切な事を教えてくれるのは決して雰囲気だとか見た目だけではないのだと思います。とても高度なファッションテーマですね♪

こんな結論から私自身、もっと理想的でカッコいい人生を送る努力をして、ファッションに反映されていくように頑張ろうって思いました

皆さんも、そんな所からの考え方で「スポンテニアス」を自分のモノにしていってくださいね♪♪

Sponsored Link