マリリン・マンソンの「SAY10」でトランプ大統領が首を切られる?!歌詞を日本語訳にしてみました!

マリリン・マンソン SAY10

悪魔崇拝者として有名なアメリカのロックミュージシャンMarilyn Manson(マリリン・マンソン)が新作「SAY10」を発表しました。

その映像内でトランプ大統領を意識したような共和党の物らしきスーツと赤ネクタイ着用の男性の首が切られて血まみれで倒れているという衝撃映像が含まれています。

トランプ大統領 デモトランプ大統領 デモトランプ大統領 デモ

トランプ大統領の誕生によってアメリカ国内ではデモや反対運動が起こり、アーティストや映画監督などもそれらに含まれていますがフリーメイソンでイルミナティの「私たちは憎しみを愛し、愛を憎みます」と言っているMarilyn Manson(マリリン・マンソン)もその一人のようですね。

トランプ大統領 マリリン・マンソン SAY10

実際トランプ大統領を支持した投票者は8割以上が福音派と呼ばれるキリスト教関連の方々だったそうなので、悪魔主義者の人達は納得がいかない結果となってしまいました。

そこで、すかさずMarilyn Manson(マリリン・マンソン)はトランプ大統領アンチというよりかはアンチ・キリストソングとして「SAY10」を発表したのかもしれません。

マリリン・マンソン SAY10

そのMVの中でもう一つ気になる行動がされていて聖書のページを破り捨てて、王座に着くような演出がされていました。

マリリン・マンソン SAY10

これはトランプ大統領を支持した福音派=キリストへの冒瀆にあたると一部で取られています。他にも様々な暗号が隠されているらしいですよ♪

タイトル名もサタンを連想させるような字遊び「SAY10」とされていて明らかに神に対する挑戦的な行動だと思われます。

Sponsored Link

そんな「SAY10」の一部だけですが、歌詞を適当に日本語に訳してみたいと思います♪

「 SAY10 」Lyric Marilyn Manson 

Devil’s got a cut, like a slit in a cattles calf

Dollar sign snakes, I’m all in the damned

Godless, fearless of the flood

Or the blood of the coming spring

Something is shedding its scales

Crying from the heat of the light

Or the empty shell on the stage

And cash is a poor man’s money

And cash is a poor man’s money

[Chorus]
You say “god”, and I say “say 10”

You say “god”, and I say “say 10”

Say, say, say 10

「 SAY10 」マリリン・マンソン 歌詞 

Sponsored Link

悪魔の切り傷、畜牛の子牛のスリットのように、

ドル記号のヘビ、私は永遠の罰にうんざり

神は信じない、大胆不敵な大洪水

または血塗られた芽生え

何かがその秤から脱落する

光の熱で号泣

または舞台上で抜け殻

そして、現金は貧乏人のお金

そして、現金は貧乏人のお金

[コーラス]

あなたが “神”と言うと、私は「サタン」と言う

あなたが “神”と言うと、私は「サタン」と言う

「サタン」と言う、と言う

最後まで見ていただきまして、どうもありがとうございました♪

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする