Houwitser「Feeding On Fools」の歌詞を和訳♪他人の欲望によって搾取される人権!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Houwitser、バンド、Embrace damnation 2000 “Embrace Damnation”

  1. Onslaught Of Hate (Intro)
  2. Feeding On Fools
  3. Embrace Damnation
  4. Catenated
  5. Stabbing Overdose
  6. Command Respect
  7. Vile Amputation
  8. Feel The Consequence
  9. Unholy Orgasm
10. Leeches Come
11. Consuming Cadavers
12. Mentally Mutilated

Sponsored Link

Houwitser「Feeding On Fools」の歌詞を和訳♪他人の欲望によって搾取される人権! 

Houwitser、バンド

“Feeding On Fools”

 
Defaced nation, empty lives surrounding
堕落した国、無意味な生活環境
Famine, infections, return of the primate
飢饉、感染症、霊長類の帰還
Homeless females, willing prey for his sick trade
乞食の女性、ヤツの病んだ商売のせいで進んで餌食になっている
They trade their bodies for remains
彼らは生き残るために亡骸を商売にする
To satisfy his lust
ヤツの欲望を満たすせいで
Abduction without even knowing it
それさえ知る由もなく拉致
Butchery, a normal place at first sight
畜殺場、一見すると普通の場所
Once inside a sexual need takes over
一度性的欲求の中に入ったら
Compulsion to rape and come while strangling her
強姦で強迫して彼女を絞め殺す時がじきに訪れる
Homeless females, willing prey for his sick trade
乞食の女性、ヤツの病んだ商売のせいで進んで餌食になっている
They trade their bodies for remains
彼らは生き残るために亡骸を商売にする
To satisfy his lust
ヤツの欲望を満たすせいで
Abduction without even knowing it
それさえ知る由もなく拉致
Butchery, a normal place at first sight
畜殺場、一見すると普通の場所
Once inside a killing urge takes over
一度性的欲求の中に入ったら
Compulsion to rape and come while gashing her
強姦で強迫して彼女を絞め殺す時がじきに訪れる
The deed ends with a livid face
青ざめた表情で行為は終わる
The job begins, the cleaver’s fiercely hacking
作業は開始され、食肉加工業者の狂暴なぶった切り
Chunks of meat
大きな肉塊
Ripping off her tendons
彼女の腱をむしり離す

Sponsored Link

The bones are scraped clean
骨は綺麗に削られている
Feeding on fools
愚か者に食べさせる
The hunger grows eating his victim
飢饉者はヤツの犠牲者を食べて糧にする
The job continues, the cleaver’s fiercely hacking
仕事は続けられ、食肉加工業者の狂暴なぶった切り
Chunks of meat
大きい肉塊
Ripping off her tendons
彼女の腱をむしり離す
The bones are scraped clean
骨は綺麗に削られている
Feeding on fools
愚か者に食べさせる
Homeless females, willing prey for his sick trade
乞食の女性、ヤツの病んだ商売のせいで進んで餌食になっている
They trade their bodies for remains
彼らは生き残るために亡骸を商売にする
To satisfy his lust
ヤツの欲望を満たすせいで
Once inside he rapes and comes while gashing her
一度入ればヤツは強姦して彼女を絞め殺す時がじきに訪れる
The casualties
犠牲者数
Chained up in the cellar
地下室で鎖に繋がれている
Mother told me not to cry
母親は泣かないようにと言った
The foul stench of the cellar
地下室の汚らわしい吐き気を催す悪臭

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする