Houwitser「Stabbing Overdose」の歌詞を和訳♪過剰に突き刺す衝動は抑えられない!!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Houwitser、バンド、Embrace damnation 2000 “Embrace Damnation”

  1. Onslaught Of Hate (Intro)
  2. Feeding On Fools
  3. Embrace Damnation
  4. Catenated
  5. Stabbing Overdose
  6. Command Respect
  7. Vile Amputation
  8. Feel The Consequence
  9. Unholy Orgasm
10. Leeches Come
11. Consuming Cadavers
12. Mentally Mutilated

 

Sponsored Link

Houwitser「Stabbing Overdose」の歌詞を和訳♪過剰に突き刺す衝動は抑えられない!!

Houwitser、バンド

“Stabbing Overdose”

 
Stabbing overdose
過剰に突き刺す
Torture myself murdering
自分自身を殺す事の苦悩
Need to kill the urge
衝動を抑える必要がある
Sucked into the abyss
深淵に吸い込まれた
Stabbing overdose
過剰に突き刺す
Cannot force out this drug
この薬を強制排除することはできない
Evil seed runs through my blood
悪魔の種族が血管を通い抜ける
Stabbing overdose
過剰に突き刺す
Torture myself murdering
自分自身を殺すことの苦悩
Need to kill the urge
衝動を抑える必要がある
Sucked into the abyss
深淵に吸い込まれた
Stabbing overdose
過剰に突き刺す
Cannot kill the urge
衝動を抑えることはできない
Want for human blood
人間の血液が欲しい

Sponsored Link

Pounding inside my skull
俺の頭蓋骨の内側で激しく繰り返す打撃
I felt reborn when my dagger first pierced
俺の短剣が最初に突き刺さったときに再生を感じた
Her chest caved open, the ribs torn aside
彼女の胸が開け虐げられて、わきには引き裂けた肋骨
Stabbing in her body for what seemed like an hour
数時間にも思えるような時間を掛けて彼女の身体に突き刺す
Made me come
訪れが俺を形成した
I realized this would become my way of life
これが俺の生き方になることに気付いた
Cannot kill the urge
衝動を抑えることはできない
Want for human blood
人間の血液が欲しい
Pounding inside my skull
頭蓋骨の内側で激しく繰り返す打撃
I felt reborn when my dagger first pierced
俺の短剣が最初に突き刺さったときに再生を感じた
Her chest caved open, the ribs torn aside
彼女の胸が開け虐げられて、わきには引き裂けた肋骨
Stabbing in her body for what seemed like an hour
数時間にも思えるような時間を掛けて彼女の身体に突き刺す
Made me come
訪れが俺を形成した
I realized this would become my way of life
これが俺の生き方になることに気付いた
My life is deranged
俺の人生は狂わされた
Cannot kill the urge
衝動を抑えることはできない
Need to kill myself
自分自身を殺す必要がある
Stabbing overdose
過剰に突き刺す
Torture myself murdering
自分自身を殺すことに苦悩
Need to kill the urge
自分を殺す必要がある
Sucked into the abyss
深淵に吸い込まれた
Stabbing overdose
過剰に突き刺す

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする