houwitser「Shreded To Pieces」の歌詞を和訳♪大好きなポルノを見て俺のドロップハンマーを刺激する!!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Sponsored Link

 

houwitser「Shreded To Pieces」の歌詞を和訳♪大好きなポルノを見て俺のドロップハンマーを刺激する!!

 Houwitser、バンド

“Shreded To Pieces”

 
It tastes so sweet, can you smell it ?-
それはとても素敵な風味で、お前はそれを嗅ぐ事ができるか?-
What is this I feel – Roses in bloom,
俺はこれが何なのかを感じる – 満開のバラ、
April sun and red wine – What is this I feel – Shredded to pieces –
4月の太陽と赤ワイン – 俺はこれが何なのかを感じる  – 断片的に刻まれた –
I take some more from the peach of joy – It all happens so fast –
歓喜の素敵な娘から積極的に性交する – あっと言う間の出来事 –
Feels like I can walk on air – It all happens so fast –
宙を歩くことができるように感じる – あっという間の出来事 –
Let the sun shine upon me, it’s the essence of life –
俺の上で太陽が輝くように、それは人生の本質である –

Sponsored Link

In ecstasy of never ending sin,
罪業を決して終わらせない快楽で、
I feel divined – It’s like bathing in golden light –
俺は見透かして感じる – それは金色の光の中での洗礼の様なもの –
Now I never sleep till dawn – the TV is like my sun-
今更に夜明けまで眠れない – テレビは俺の太陽のようなものである –
Watching my favorite porn – spanking my monkey some more –
大好きなポルノを見て – 俺のドロップハンマーをもっと刺激する –
Am I this shit faced demon passed out on the floor –
俺はこの忌まわしき悪魔とのご対面は床で意識を失っていたのか –
Why did you had to leave me -filthy stinking whore –
なぜお前は俺から去らなければならなかったのか – 淫らでいやらしい娼婦 –
Let the rain fall upon me – it’s the essence of life –
俺の上で雨が降り注ぐように – それは人生の本質である –
In ecstasy from vodka, beer and gin, it feels divined –
ウォッカからの有頂天状態で、ビールとジン、それを神聖に感じる –
It’s like bathing in a pile of shit –
それは掃き溜めの山中での洗礼の様なもの –
I taste a dead rat in my mouth – What is this
俺は葬り去るべき裏切りを味わうという経験 – これは何なのか
I feel – I throw up from vodka,
感じる – 俺はウォッカを吐き出して、
beer and wine – It all happens so fast – shredded……..
ビールとワイン – あっという間の出来事 – 刻まれた……..

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする