Houwitser「Monkey In Controle」の歌詞を和訳♪儲け話と金で弱者を支配中のエテ公共!!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Sponsored Link

 

Houwitser「Monkey In Controle」の歌詞を和訳♪儲け話と金で弱者を支配中のエテ公共!!

Houwitser、バンド

“Monkey In Controle”

 
Welcome to the puppet show –
人形劇場へようこそ –
just another judgement day –
もう一つの審判の日 –
Unleash the fools –
愚か者を解き放つ –
you boy you are a monkey on TV –
テレビの猿は少年のお前 –

Sponsored Link

demeaning others reality –
他人を現実化させない –
playing normal god judge of the weak –
弱者の正常な神の審判を再生する –
Just another
ちょっと違う
judgement day –
審判の日 –
let the fool lead the blind –
愚か者を盲人に導かせる –
a star for a hour -but a loser for live –
時間があるおかげで主役 -だが人生の敗者 –
I hate you, forgive me, please look at me –
お前を憎み、俺を許して、どうか見てくれ –
play god –
神の悪戯 –
feed the losers with your monkey show –
お前の猿芝居と敗北者を養う –
$ speak, $ control the weak –
儲け話、金で弱者を支配する –
Monkey in control –
支配中のエテ公 –

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする