Houwitser「Fistfull Of Vixen」の歌詞を和訳♪尊い趣向に酔い痴れて、愛情を注いで薄造り!!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Sponsored Link

 

Houwitser「Fistfull Of Vixen」の歌詞を和訳♪尊い趣向に酔い痴れて、愛情を注いで薄造り!! 

Houwitser、バンド

“Fistfull Of Vixen”

 
My world turned upside down –
世界はひっくり返された –
living in a void – No one knows to where –
虚無に住んでいて – 誰にもわからない –
you left -I’m feeling uncontrolled –
お前は去った – 俺は制御不能であると感じている –
In my mind I see your smile -pale white –
お前の笑顔を見て俺が思うに – 生気が無い –
skin and big blue eyes -may this thought never fade away –
肌質と大きな青い瞳 – この思考は消え去ることはないのかもしれない –
I hope to have them everyday –
毎日それらと性交することを願っている –
Crazy from your screams –
お前の悲鳴で頭が変 –
insults and harresments –
侮辱と虐殺 –

Sponsored Link

How I hated those fights –
俺がそれらの闘争を軽蔑して扱った理由は –
I thought of your eyes full of fear –
お前の瞳が恐怖に満ちていると思ったから –
as your pale skin turned blue –
お前の蒼白な肌が青くなったように –
Covered with blood you never looked so fine –
血液で覆われたお前は絶対にもっと素晴らしい外見 –
with love I sliced you up –
愛情を注いでお前を薄切りにした –
the dog enjoyed your grinded bones –
犬はお前の研ぎ澄まされた骨を堪能した –
for my self I eat your flesh
俺の都合のせいでお前の肉を食べる
Your flesh so sweat –
お前の肉はとても甘い –
lustful tender meat –
甘い柔らかい加工肉 –
with love I sliced you up –
愛情を注いでお前を薄切りにした –
In ecstasy of these precious thoughts –
これらの尊い趣向に酔い痴れて –

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする