Houwitser「D.P.W.」の歌詞を和訳♪クラブは若者達の時間で腰抜けになるけれど草は得意分野♪

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Sponsored Link

 

 Houwitser「D.P.W.」の歌詞を和訳♪クラブは若者達の時間で腰抜けになるけれど草は得意分野♪

Houwitser、バンド、 

“D.P.W.”

Sponsored Link

Beer barrels open, it’s party time –
ビール樽を開けて、宴会の時間だ –
let the alcohol flow –
アルコールを流し込ませてくれ –
Fill up the tankards, let the beer foam –
大ジョッキをいっぱいにして、ビールを泡立てさせる – 
thirth half begins –
3杯半を空ける –
Abundantly the alcohol flows –
大量のアルコールを流し込む –
feigling club NGAR time –
クラブは若者の時間で腰抜け –
The grass is our domain –
マリファナは我々の得意分野 –
we drink smoke and fly –
煙を吸ってブッ飛ぶ –
Eating pizza with Jack
鯵の乗ったピザを食べる
killing another six pack –
別の6つも詰め込んで始末-
Watch the sun come up, it’s after party time –
太陽が昇るのを見て、その後に宴会時間 –
Delerious partying wrechmen –
愉快な宴会に出席するイカした野郎 –

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする