Houwitser「I Shape The Suffering」の歌詞を和訳♪俺を悩ませる壊滅願望を甘やかす為に、罰を与える!!

Houwitser、バンド

Houwitserはもともと1997年に開始してMichel Alderliefsten (ex-Sinister)(ミシェル・オルダーリフステン)(EX-シニスター)を中心に結成されました。メンバーは Vo.Mike(マイク)(EX-シニスター)、DrumerのAad(アード)(シニスター)とBassのTheo (テオ)(Hail of Bullets) 1999年の春に「Death.. But Not Buried」がDispleased Recordsからリリースされて偉大なレビューと好セールスを得ました。その年の最後にVo.Mike(マイク)が脱退。

「Feeding on Fools」のミュージックビデオのリリースと共にHouwitserのセカンドアルバム「Embrace Damnation」をリリース。 2001年にHouwitserはオスモス・プロダクションとの契約を結んで、2002年に彼らのサードアルバム「 Rage InsideThe Womb」が今日の脚光を浴びるきっかけとなった。  これはヨーロッパ大陸全土をまわるツアーの始まりでした。

2004年にアルバム「Damage Assessment」リリースの後にバンドは解散しました。 Displeased Recordsは新しいアートワークと7曲ボーナストラック付きで、デビューアルバム「Death… but not buried」を再リリースしました。

Houwitserの解散はギタリストミシェルと共に悪い雰囲気を残しました。 2008年にはオランダ人のデスメタルの同志達はHouwitserの歴史に新たな章を始めることを熱望した。 2009年にはHouwitserは、アメリカを拠点とするSevared Recordsと契約して、2010年初めに「Bestial Atrocity」をリリース。  彼らの5枚目のアルバム「Bestial Atrocity」は野獣のように猛烈な残虐行為の「テロ軍団」を復活させた。

2011年後半、元フロントマンMike van Mastrigt、ドラマーのMarten van Kruijssen 、ベースのRoderick Rasはテロリスト軍団のために募集した。新しい顔ぶれでの傍らでHouwitserの六枚目の制作発表、Coyote RecordsはHouwitserのロシアのミニツアーのライブDVDをリリース した

オランダのデスメタル部隊は次の6枚目のアルバムに再び挑戦する!重厚かつこれまで以上に残忍で、Houwitserはステージに上がることを望んでいて、雷鳴轟くデスメタルを爆発させる!

Houwitserに気をつけろ!

Sponsored Link

 

Houwitser「I Shape The Suffering」の歌詞を和訳♪俺を悩ませる壊滅願望を甘やかす為に、罰を与える!! 

Houwitser、バンド

“I Shape The Suffering”

 
I shape the suffering –
俺は苦しみを形作る –
to indulge my necrolust_Tormentor, punisher,
俺を悩ませる壊滅願望を甘やかす為に、罰を与える
the puritan –
清教徒 –
I shape the suffering –
俺は苦しみを形作る –
How I like my flesh –
どんな肉を好むか
I like them young and fresh –
それらが若くて新鮮なのが好み –
I like to hear them scream of intense suffering –
彼らが激しい苦しみの叫び声を聞くのが好きで –
Split them open wide as I come inside –
内側に込み上がるようなそれらを解放して引き裂いて –
penetrate their flesh –
彼らの肉体を突き破る –
with a butcher knife –
肉切り包丁で –
Pounding in bleeding flesh –
流血する肉を叩き –
cutting of your skin –
お前の皮膚の裁ち方 –
Rip the innards out of your stinking cunt –
悪臭の漂う女性器の外側から内蔵を引き裂く –
I like to purify –
浄化したい –

Sponsored Link

the pain I won’t deny –
否定しない痛み –
Your intense suffering brings me in ecstasy –
お前の激しい苦しみは俺を性的絶頂へと導き –
See what you became 15 years of age –
15歳の年齢に達した自分を見てみろよ –
your my love doll now –
お前は俺の愛の人形と化す –
a pile of bleeding flesh –
山積みの血の滴る肉 –
Her legs spread open wide but no guts inside –
内蔵は無いが彼女の足は大きく開いて伸びていて – 
I masturbate ones more on the fecies of that whore –
その娼婦の糞便でもう一度自慰する – 
I’m the punisher as my hammer cracks your skull –
俺の鈍器がお前の頭蓋骨をひび割れるように罰を与える – 
I the puritan piece by piece cut of your skin –
お前の肌を切り取ることにより清教徒の破片 –
decapitation –
断頭 –
as I fuck her bleeding ass –
彼女の流血するケツを性交することで –
to indulge my necrolust –
俺の壊滅願望を甘やかす為に –
I shape the suffering –
苦しみを形作る –
Tormentor, punisher, the puritan –
拷問者、処罰者、清教徒 –
I shape the suffering –
苦しみを形作る –

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました!
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする